華恋人~カレント~

2017年 03月 10日

96

【女子大生コラム】ワンチャン女性を誘う、魅力的な二回目のお誘いを考察してみる。

R22(現役女子大生ライター)

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.hachioji-banana.com/
 

GJYMIGBV.jpg

ワンチャンは勢い。二回目からが本番だ!

わたしが常々思うことがある。ワンチャンは勢いだ。なんだかんだ、初対面で気が合うとかなんだかで盛り上がったことにプラスしてお酒の魔力が味方をしてくれればキメることができる。とはいえ、二回目からが本番。一回目のセックスはあまりセックスにも入らないような、お互い探り合いの状態が続くことが多い。ということで、やはり二回目からが本番なのではないだろうか。ワンチャンをなんとかキメることができたあの子と、ぜひとももう一回体を重ねたい…。そんなあなたに、女性目線から魅力的な二回目の提案のしかたを考えてみた。

「料理余っちゃったんだけど、食べに来ない?」

一人暮らしで料理好きの男性ならぜひとも使ってみよう。わたし個人は古い考え方の持ち主なので、男子厨房に入らずといった感じで何の家事もできない男性の方が好みではある。だが、周りの女性は意外にもこの方法でモーションをかけられてキュンとしたと言っていた。
「なんか、普通に誘われるよりいい。しかも料理するんだー、ってなんかポイント高くない?」とのこと。女性にも料理好きはいるが、概して男性の料理好きの方が徹底的に凝った料理を作るイメージはある。男性は凝ったものに対して投資を惜しまないので、日曜大工的に普段使わないような器具や調味料までしっかりと買い込んでこだわりぬいて作る方が多いからだろうか。女性側の言い訳にもなるし、とはいえ作ってもらったごはんをおうちで食べてそのまま帰るというのも白々しいのでとてもいい誘い方だといえるだろう。

「君の体が忘れられないんだ」

他ならぬわたしが海外でワンナイトをした男性から言われたセリフである。日本語で言うとヤケにキザに聞こえるかもしれないが、こんな官能的でドラマチックなセリフはなかなか言われない。でも、どうせならこれぐらい言ってくれた方がこちらとしても官能スイッチが入るものである。外人のみならずとも、ぜひキモいぐらいの官能セリフで女性を口説いてみてはいかがだろうか。好きな人は好きである。ただ、こういう類の男性が死ぬほど嫌いな女性も中にはいるしネタにされる確率も高いともいえるのだが…。

おかわりセックスは、満足度も数倍。

二回目にするセックスというやつはどうしてあんなに気持ちいいのだろうか。一回目はそれほどに感じても、一度体を重ねた相手がもう一度会うとなるとお互いそれなりの心づもりをもって臨むものである。だからこそ、濃密で素敵な夜が過ごせるのだろう。そんな二回目にして満足度数倍のおかわりセックスを、ぜひあなたにも体験してほしいのである。


文|R22(現役女子大生ライター)

琥珀
風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト
エテルナ

このコラムを書いた人

R22(現役女子大生ライター)

元キャバ嬢の現役女子大生ライター。官能小説・アダルト・恋愛系の記事を書いています。17でエッチなおじさんに弟子入りして以来、性愛遍歴がタイヘンなことに。将来は風俗店を経営しようと画策中。

R22(現役女子大生ライター)

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店