2017年 11月 08日

336

【悲報】人妻デリヘルを利用したら独身外国人が出てきたでござる、の巻

伊藤憲二

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
https://www.tuma-spa.com/
 

HQKEVZNX.jpg

他人の妻は蜜の味、自身の妻は砂の味

 一盗二卑三妾四妓五妻(いっとう・にひ・さんしょう・しぎ・ごさい)という成句がある。乱暴に解説すると、他人の奥さんが最も燃える存在で己の妻であれば、さしたる性的な魅力はないということか。「隣の芝生は青い」んだろうな、きっと。

奥様は外国人?

 そんな喜びを金で買おうと、地元の人妻デリヘルに予約を入れる。1時間過ぎたあたりから店に電話するも「今着きますんで!」の連呼。蕎麦屋の出前じゃないんだから。

 ホテルから予約入れて2時間後に到着。ドア越しでも胸が否応なく高まる。ドアを開けることのためにデリヘル呼んでいる部分が大きい。

「コンニチハ!」

 イントネーションに著しい違和感を覚える。

 「人妻でないことはまだいいとして、一から十まで話が全然違うじゃねぇか」

日本人嬢の流出が原因か?

 いろいろと話して「稼げるから」と、日本語をろくに知らないまま、わざわざやってきたという。「人妻って何ですか?」って、お前の店のキャラクター設定だよ!

 東京ならいざ知らず、地方でもポツポツ耳にする外国人風俗嬢のなりすまし。韓国ヘルスでいいじゃん……店内では会話が成立するんだから。

 こうした疑問に風俗店関係者は以下のように答えた。
「東京とかの都市部なら若い娘が集まって人材不足には陥らない。むしろ面接で落とされる子も珍しいことではない。店を続けるため、どうしてもキャスト(注:風俗嬢)の頭数が必要なのだ」。

 話の真偽が不明なので結論は控えるが、頭数をそろえるためにかき集めた先には信用失墜でさらなるユーザー減少に陥るという負のスパイラルが待っているのではないだろうか。


文|伊藤憲二

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

マニアックスライター陣もそこそこ会えてる「PCMAX(ピーシーマックス)」は累計会員数900万人、創設2002年、(株)マックス運営の大手老舗出会い系。

人妻援護会本日最新情報
琥珀

このコラムを書いた人

伊藤憲二

1980年生まれ。エロ本出版社で編集しながらバイト原稿に勤しみ過ぎて、そっちが本業に。ボーナス欲しさに新聞社へ入社するも、上司どもの眠たい「武勇伝」を聞かされる日々に嫌気が差し某県漁連の指定仲買人へジョブチェンジ。以後、魚とか文章とかを売る日々を送る。

伊藤憲二

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店