2017年 11月 09日

291

不倫報道のオンパレード!人妻について意見する人々が増加した理由

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.t-kagayaki.com/
 

FWSDYNHQ.jpg

世の中、不倫報道が花盛りです。国会議員からタレント、スポーツ選手、作家、はては公務員や会社員といった、半ば一般人に分類される方々まで、しばらく不倫報道がおさまる気配がありません。これだけ多いと少々食傷美味になっている方も多いかと思いますが、「ニーズがあるから供給が多い」のも事実です。なぜこんなに不倫報道がもてはやされるのでしょうか。

男女問わずとことんたたかれる

不倫報道のターゲットとなる方々の職業や立場は、先ほどお話したように多種多様なのですが、不倫報道に特徴的なのが、「対象者が男女問わない」ところ、また「相当たたかれる」ところです。報道のトーンも、SNSや掲示板などの匿名の書き込みも、特に男女どちらかの場合にのみ反応しているのではなく、ほぼ均等に「ダメ、ゼッタイ」といったトーンでたたかれ(少数派ではありますが常に擁護論も存在しています)、ほとんどの対象者は公に謝罪し、少なくとも1〜2年程度は、仕事を干されるようなケースも良く見かけます。

ある人妻は復帰後もたたかれる

さらに、とある人妻タレントは、不倫報道の後しばらく干されて(自粛していた、ともいわれています)、やっとTV番組やCMなどで復帰してきたと思ったら、「反省していない」、「思い出して不快」といった「世の中の声」を背景に、そのタレントを起用した企業や番組関係者が謝罪し、また崖っぷちに立たされているようです(まあ「話題を集めている」という見方も、できなくはないですね)。

実は背景に「不倫願望」が・・・

ちょっと前までは、「既婚者の浮気」に、もう少し寛容な世の中だったように思えますが、「少子高齢化」や「不景気」の影響か、逆に「無関心ではいられない=不倫が好き、したい」人が増加したことが原因である、と考えられるのではないでしょうか。「嫌い嫌いも好きのうち」といいますが、これだけ意見する人々が多いと、実は潜在的な不倫願望が背景にあるように思えてしまいます。実行してしまうといろいろ面倒なので、取り急ぎ人妻風俗で願望を満足させるのが、手っ取り早くてよさそうですね。


文|つかもとまさし



出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

↑↑↑マニアックスライター陣もそこそこ会えてる「PCMAX(ピーシーマックス)」は累計会員数900万人の大手老舗出会い系。

'

人妻援護会本日最新情報
琥珀

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味 つかもとまさし

つかもとまさし

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店