2018年 02月 13日

974

世界の不倫事情!痴情のもつれでチンポカット

テーテル

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.daytona.cc/
 

DHRVGKYH.jpg

不倫は文化であるという有名な言葉がありますよね。不倫が文化や芸術を生むこともあるという趣旨の発言であり、この言葉によって自分の不倫を正当化している方も多いのではないでしょうか。とは言え、慰謝料を請求されたりチンポをカットされたりしてはたまりませんよね。

不倫大国はタイ

タイといえば物価も安く性産業が盛んであることから、風俗遊びのイメージが強い国ですよね。実際、海外の風俗遊びと言えばタイを連想する方も多いはずです。風俗の種類自体も多く、ゴーゴーバーやエロマッサージ、フェラチオバーなどがあります。そして風俗大国であるタイは国民の「不倫率」でもトップなのです。性に開放的な国と言えるでしょう。熱帯で気温が高く、常にエロい格好をしているからなのでしょうか?イタリアやフランスを押さえて1位なんてちょっと意外ですよね。

恐怖の復讐劇

不倫の恐ろしい復讐として一番ポピュラーなものは「ペニス泥棒」です。またはペニスを食いちぎられたり、切り取って動物の餌にされたりする事件も起こっています。女性も安心していてはいけません。バイオレンスな男性が嫁と間男をボコボコにして病院送り…。そんなこともたまに起こっています。私だったら彼女と浮気相手を正座させて、LINEの音読会をニコニコ動画で実況中継しますね。

イスラム圏

イスラム教国では不倫は重罪に当たるため、場合によっては死刑になってしまうこともあるようです。これは割と常識ですよね。もちろん、世界の中でも不倫経験者の割合はグンと低くなっています。

痴情のもつれ、ストーカー、お金、犯罪…。うーん良くないですね。不倫はバレないようにしましょう!人妻風俗行け!


文|テーテル


↓↓↓マニアックスライター陣がエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。エッチできたら体験談をお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX


琥珀

このコラムを書いた人

テーテル

センセーショナルな話題から不動の名作まで

テーテル

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店