2018年 07月 03日

461

ウソかホントかエロ都市伝説(エイズ編)

テーテル

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.t-kagayaki.com/
 



世に流布する都市伝説は世相や時代を反映しており、一回聞くと心に刻まれるものです。中には信じ難いもの、恐ろしいものもあります。今回はエイズに関する都市伝説をご紹介します。

エイズ・メアリー

エイズ・メアリーをご存知でしょうか。行きずりの一夜を過ごした女性が、朝起きるとホテルのベッドから居なくなっている。確認したところ、財布も物も盗まれていないし、ただ用事でもあって先に帰ったのだと男は安心する。そして身繕いをしようと洗面所に向かうと…。鏡に「エイズの世界へようこそ」と赤い口紅で大きく書かれている!そんなストーリーです。

ちょっと昔の有名な都市伝説で、ウィキペディアなんかにも載っていますね。もともと80年台になってエイズが不治の病として世間に恐れられるようになってから広まったお話です。都市伝説とは言え、実際に感染者が他人を巻き込もうとして行きずりの関係をもとうとする事例が多く存在することから生まれた話です。

処女とセックスするとエイズが治る

アフリカの一部等、処女とセックスするとエイズが治るという誤った信仰があるために年端のいかない少女へのレイプが増えていると言います。増えていると言いますか、前々からレイプの原因となっているので、このような誤った迷信、都市伝説は消さないといけませんね。何とかならないものでしょうか。

外国旅行で気を付けること

最後は少しブラックユーモア的なお話を。

海外旅行では日本と比べて相対的にレイプ被害に合う可能性が高まってしまいます。そんな万が一の時の対策方法が、襲われそうになった時に「I AM AIDS(私はエイズです)」と叫ぶことであると言います。ある女性が友人からこの話を聞いていたので実践しました。その時の相手の返しが「ME TOO!(俺も!)」であったという悲しい都市伝説です。

ちなみに自分は男性だからと言って関係ないと思わないことです。海外では日本よりも多くのゲイさんがひしめいていますからね。私は新宿3丁目のバーに入ると実はそこはゲイバーであり、困った思いをした経験があります。(2丁目だけじゃないよ、ということです。)


文|テーテル


↓↓↓マニアックスライターがエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。ぜひ体験談を編集部までお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールバナー


琥珀

このコラムを書いた人

テーテル

センセーショナルな話題から不動の名作まで

テーテル

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店