2018年 07月 31日

417

デリヘル嬢が病まずに仕事を続けるためのコツを元ベテラン嬢が教えます。

立花由佳(手コキ風俗嬢)

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://n-ochou.com/
 

TLHJUJCB.jpg

風俗、ツライ。

きっとこのページを読んでいるみなさんは、”デリヘルのキャストってなんで病んでいるのだろう…?”と疑問に思った男性か、”仕事辛すぎる”と思っている現風俗嬢の女性の方が多いのではないかと推測する。元かなりヘビーに出勤していたベテラン嬢としての立場から、病まないで仕事を続けるためのコツをご紹介する。ぜひ参考になれば幸いだ。男性のみなさんも、オキニ嬢が悩んでいたり元気がなかったりしたらぜひアドバイスしてあげてほしい。仏に見えるはずだ。

ローション仕込みという裏ワザ。

もうどんな風に愛撫されても濡れないよ! …とお悩みの嬢のみなさんへ。ローション仕込みという裏ワザがあることをご紹介する。ローションを水で割ったものを愛液に限りなく近い状態にしてパンツに忍ばせておこう。お客様も濡れたと思って喜んでくれるし、自分も痛くないし一石二鳥である。これはベテランドライバーさんから実際に嬢の中で使っていたキャストがいたと聞いたテクニックだ。お試しあれ。

お気に入りドライバーさんを見つけ、できるだけその人を指名しよう

車内は大切な時間である。プレイ時間もそうなのだが、移動時間に楽しい…とまではいかなくても苦痛でない程度の時間を過ごせるドライバーさんを見つけよう。話が合う、寝かせておいてくれる、優しい、お菓子をくれる…。理由は何でもよい。それぐらいのワガママなら許してもらえるので、できるだけお気に入りのドライバーさんをつけてもらうよう店の人にお願いしておこう。ドライバーさんとしても、嫌な気はしないはずである。ドライバー自身の評価も上がるだろうからだ。

合間に甘いものなどをつまむのは気分転換になる

移動中にコンビニなどに寄ってもらっているキャストは多いかもしれない。食べ過ぎには気をつけなくてはいけないかもしれないが、移動中に甘いものを食べるのはかなり気分転換になる。チョコは特にオススメ。わたしの仕事中のお供はキットカットだった。本指名のお客様にあげたりするとかなり喜ばれるので、カバンの中にストックしておくことをオススメする。

わたしの知り合いの売れっ子嬢は、”3本縛り”で仕事をしていた。どんなに疲れていようが元気だろうが、3本までで仕事を切ってしまうのだ。波がある商売、確かに稼げるときに稼いでおきたいのは本音である。とはいえ、無理はよくない。特にデリヘルは移動時間も長く、プレイもハードな重労働である。無理をしすぎないためにも、何本までしか予約は受けないというように決めてしまうのもアリだ。また、かなりビジュアルの良い子で90分以上の予約しか受けないというように仕事をしているキャストもいた。ワガママがきくお店かどうかにもよるのだが、仕事に集中できるスタイルを貫いてほしい。


文|立花由佳(手コキ風俗嬢)


↓↓↓マニアックスライターがエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。ぜひ体験談を編集部までお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールバナー

“Jメール"


琥珀

このコラムを書いた人

立花由佳(手コキ風俗嬢)

手コキ店勤務歴1年。手コキ風俗ファンの皆様のお役に立てる記事が書ければうれしいです。

立花由佳(手コキ風俗嬢)

関連するその他の記事