2018年 08月 20日

246

【女子大生コラム】夜の男子の、ベッドのあのねのね。

R22(現役女子大生ライター)

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.kanazawa-hitoduma.jp/
 

AYVXVMQH.jpg

夜系男子とは。

草食系、肉食系、雑食系…。もはや男性の性的指向を指し示す言葉は尽きない。ネーミング枠の供給過多ともいえるこの現代社会で、わたしは新たなカテゴリーを提案したい。それこそ、夜系男子である。彼らの職業は、夜にまつわる職業だ。と言っても、連日夜勤をしている男性たちではない。仕事が大変で深夜帰りをしている男性でもない。主に水商売、風俗業界など性産業に関わる男性たちのことだ。

夜系男子の、ベッドのあのねのね。

千人斬りもしていると、もはや誰が彼氏で誰がセフレなのかよくわからなくなる。わたしは、“ステキだなぁ。居心地がいいなぁ”と思った男性とは誘われた限り最大限会うようにし、後は即着信拒否というモットーを貫いていた。そんな中、何度かワンナイトラブもしたしごくたまに付き合うこともあったのが件の夜系男子である。

夜系男子の特徴は、“お店が大好き”。店の近くでデートしたがるし、セックスもなぜか営業時間外にしたがる。彼らは概して労働時間がとっても長く、しかもなかなかのハードワークだ。そのため、遠出するのは嫌がることが多い。そしてなぜか、店でセックスしたがるのである。鍵をこっそり持ってきて、誰もいない店外でセックスしたがる。ギリギリで抜いた後はお腹に射精して、店用のおしぼりでふき取るのには思わず笑ってしまった。

そして、“家が汚い”。これは全員が全員に当てはまるというわけではないだろう。だが、夜勤系の職業は朝方に家に帰ることになるため、疲れてそのままベッドに倒れ込むような生活をしている人が多い。そのため、あまり掃除ができていない人が多いのだ。元カノグッツが普通に置いてあったりし、使い残しのメイク落としを「これ、使う?」と薦めてきたりする。マジデヤメテクレ。

余談ではあるが、ワンナイトラブから発展するには難しいタイプの男性たちであるとも個人的には思う。女性の汚い部分をたくさん見てきている彼らなので、嘘や言い訳に対するジャッジは人一倍敏感だ。しかも嗅覚はなかなか鋭い。夜という欲望の世界に身を置くゆえであろうか。


文|R22(現役女子大生ライター)

マニアックスライターがエロ記事ネタ作りに使ってるサイト

即セックスやセフレ作りの体験談を編集部までお送りください!

PCMAX無料登録はこちら
ハッピーメール無料登録はこちら
Jメール無料登録はこちら

琥珀

このコラムを書いた人

R22(現役女子大生ライター)

元キャバ嬢の現役女子大生ライター。官能小説・アダルト・恋愛系の記事を書いています。17でエッチなおじさんに弟子入りして以来、性愛遍歴がタイヘンなことに。将来は風俗店を経営しようと画策中。

R22(現役女子大生ライター)

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店