2018年 10月 01日

440

霊感の強いAV女優

工藤タツオ(AVカメラマン)

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://okusama-deli.net/
 

CJLGVKIJ.jpg

AVの撮影はあまり予算がない。だから、スタッフが住んでいるアパートの部屋を借りて撮影することもある。

そこを彼氏の部屋に見立てて、恋人に扮したAV女優と男優の絡みを撮影するわけだ。

あるとき、ちょっと目のきついAV女優がやってきたことがある。

駆け出しのAV女優は別として、ベテラン女優ならたいてい名前と顔は知っている。

だけど、その女優は初めて見る顔だった。
年齢は28歳で女優歴7年というから、経歴だけ見るとベテランに入る。

しかもなかなかの美人で品がある。あとで男優が「抱き心地がいい」と言っていたから、男から見ると申し分のない女なんだ。

男優もかなりベテランで、こなした女の数は100人以上と言っていたから、その彼が「抱き心地がいい」というならかなりのものだ。

もちろん、監督も女優の味見をしているからうらやましくなるよ。いくらいい女でも、こっちは指くわえて見てるだけだもんな。

どことなく謎めいた女だったけど、スタッフのひとりが住んでいるアパートの部屋で撮影が始まったんだ。

霊感女優の本領発揮でスタッフ騒然

女優の名前は仮に明日香としておこうか。
明日香さんは、玄関を入ると入口に立ったまま中に入ろうとしない。

僕らは先に来て準備をしていたから、女優が来たらすぐ撮影開始だと思っていたのに、明日香さんは青い顔をして突っ立ったままなんだよ。

「おい明日香、何してるんだ」
監督に言われて、明日香さんはしぶしぶ中に入った。

「ここ、いるよ」
「ほお、そうか」
監督は飲んでいたインスタントコーヒーのカップをテーブルに置いた。

「やっぱりな。そんな気がしたんだ」
僕たちは何のことかわからない。
「あの、何がいるんですか」
この部屋の持ち主が尋ねた。

「幽霊がいるってよ」
「えー! マジっすか」

この業界には、幽霊を信じている奴が多い。この日は監督以外にスタッフが5人いたが、そのうち3人が幽霊肯定派だった。

もちろん僕もその中のひとりなんだけどさ(笑)
オカルト好きの3人は、明日香さんの次の言葉を期待していた。

明日香さんはもう服を脱ぎ始めていて、上半身はブラだけになっていた。
「ほら見て。鳥肌立ってる」

ブラのホックを外すと、ぷるんとオッパイが飛び出してきた。

Fカップはありそうな見事な巨乳だ。仕事柄オッパイは見慣れているが、明日香さんはかなりの美乳だった。

普通ならオッパイに目がいくよな。でもそのときは違っていた。

鳥肌が立っていると言ったのは、彼女の胸全体だった。白くきめ細かい肌に、無数のブツブツが見えていたよ。

しかも、立っているのは鳥肌だけではなかった。明日香さんは乳首までコリコリしていたんだ。

でも、興奮して乳首が立っていたのではない。寒い日に鳥肌が立つと乳首も固くなるでしょ。あれと同じ。

明日香さんのオッパイは、ちょうど寒い日に裸になったみたいになっていたわけだ。

幽霊の居場所


「幽霊はどこにいる?」
監督が聞くと、明日香さんは部屋の奥を指さした。ちょうどテレビの前あたりにいるという。

「テレビを見ながらキスするところから撮ろうと思ってたんだけど」
監督が笑っている。

「だめだめ、絶対無理!」
明日香さんは冗談じゃないという顔で何度も首を振った。

「監督ぅ、本当にここで撮るの?」
「もちろん」
「だって、いるんだよ」
「いまさら場所の変更なんかできないよ」

僕の目の前で、監督と女優がこれまで聞いたことのないやりとりをしていた。

「ほら、こっちに近づいてる!」
明日香さんが指さすほうを、全員が一斉に見た。どのスタッフもこわばった顔をしている。

最初は「バカバカしい」と相手にしなかった否定派のスタッフも、青い顔で幽霊がいるというあたりを見つめた。

僕たちには見えないけど、明日香さんが見ている”幽霊”をみんなリアルに感じていたんだ。

ここまではまだよかった。みんなの顔にもまだ余裕があった。

ところが、撮影が始まるとそれが一気に変わってしまった。

まず、男優のチンポが立たなくなった。幽霊話でビビッて立たなくなったらしい。

しかたがないので、明日香さんがフェラチオして立たせることになった。

ここまでは、AV撮影ではたまにある話だから笑って済まされた。

霊に憑依される

問題はセックスが始まってからだった。
「やだ、そこまで来てる!」
そう言うと、明日香さんがおびえて男優の首にしがみついた。

正常位でセックスが始まってすぐのことだった。
「近づいてるって、どういうこと?」
監督が震える声で聞いた。

「あっ、きた! あっ、ちょっと・・・」
言い終わらないうちに、明日香さんの背中が反り返って白目を剥いてしまった。

そして、そのとき明日香さんの口から洩れた言葉を、そこにいた全員が聞いたんだ。
「ああ、久しぶりよ。ああ、気持ちいい」

明らかに明日香さんとは違う声なんだ。それを聞いてみんなブルったよ。
「おい、塩ないか塩!」

監督の指示で部屋の四隅に盛り塩をすると、それから何も起きなくなった。

撮影は何とか無事に終わったが、監督はその日の夜高熱を出して寝込んだらしい。

もちろん、それが”幽霊”のせいかどうかはわからない。


文|工藤タツオ(AVカメラマン)




この記事もオススメ!
手コキ体験レポート!ド素人S痴女の気持ち良すぎる48手に悶絶
エロ看護師手コキ痴女と強制3回戦!ドS変態に電マあてられチリ悶絶
出会い系は変態「舐められ女」だらけ!クンニ好き美女人妻をまた逝かした
「舐められ女」は実在した!ド変態マスク女との出会い
無料風俗を極めるチリが非合法業者にわざと騙されてみた!壮絶体験レポート
無料風俗を極める!超ロリ系セフレ人妻のあり得ない性事情

【番外】あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、手コキ風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗・エロ・下世話なネタなら基本なんでも掲載します(笑)文章の上手い下手は一切問いません。内容に応じて『1P=1円でいつでも換金できるポイント』が付与されます!

投稿フォーム
info@tekoki-fuzoku-joho.com

また、こちらは当サイトの多くのライター・ユーザーがエロ記事ネタ作りに入り浸る出会える系サイトです。即セックスやセフレ作りができたら、体験談を編集部までお送りください!

ハッピーメール無料登録はこちら R18
登録後はプロフィール設定と年齢認証をしましょう。法令を遵守しているサイトなので必須です。

チリペッパー小田チャンネル開設!エロ系潜入動画たくさん公開します

マニアックスから生まれた変態暴走おじさん、ついにYouTuberデビューですw
メンズエステ、出会い系から闇の深い裏風俗まで、エロ系潜入動画をたくさんアップしていきます。コラム記事に書かない情報も発信しますので、この機会に是非っ!チャンネル登録お願いします!!

PCMAX

このコラムを書いた人

工藤タツオ(AVカメラマン)

AVカメラマンの経験がある異色のライター。現在はアダルト小説と サブカル記事を書いているが、アダルトネタはAV撮影時代の経験を元にしたものも少なくない。

工藤タツオ(AVカメラマン)

関連するその他の記事