2019年 01月 21日

1055

あなたはどのタイプの童貞が好きですか?

カテーテルINAGAKI

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://club-allamanda.com/
 

YTZQGZWI.jpg

処女と違って童貞は恥ずかしいとされます。そのピュアさが実は素敵だったり面倒くさかったり。今回は男目線で“童貞”を分析します。

童貞

生まれた時はみんな童貞でした。中学生で捨てれば”神”、高校生で捨てれば”リア充”、20歳で捨てられなければ”ヤラハタ”、そのまま30歳になると”魔法使い”など(定義は様々ですが)常に男の肩書に関わってきます。「本当のチンコの使い方を知らないまま死ぬな」という名言を何かの漫画で読んでから私は必死に生きました。ヤル気さえあれば、そのうち何とかなります。童貞の中には真のピュアな心を持った、素晴らしい人間も数多くいることは男の間では常識です。

素人童貞

プロの方とは経験があるものの、一般女性とセックスをした経験がない男性を指します。一般的なお付き合いを経ていないため、女性やセックスに対して勘違いをしていることが多いようです。AVや風俗の世界、女性の過剰なリアクションや男本位のプレイを当たり前だと思っている一部の素人童貞はタチが悪いです。真の童貞から「格下」扱いされることもあります。女性からは引かれる傾向にあるので、素人童貞は隠した方が良いと言えるでしょう。

セカンド童貞

皆さんは「セカンド童貞」という言葉をご存知でしょうか。2000年代前半にネットで生まれたこの言葉、漫画版”モテキ”でその名前が浸透したと言われています。その意味は童貞ではないものの、暫くセックスをしていない男性のことを指します。高校時代に彼女がいたけど別れてからは…みたいな人ってたまにいますよね。まさにそんな人を指す言葉です。近年雑誌で見かけるようになり、原因については過去の恋愛のトラウマがどうとか、趣味にハマりすぎて…とか考察されています。私見ですが、結局のところ「経験はあるけど、モテないからセックスできない男」のことです。趣味に没頭していなかった場合はただの無趣味なセカンド童貞です。落ち着いていることが多く、女遊びをしないタイプが好きな女性にはオススメの童貞です。

ああ…俺、実質2週間くらいセカンド童貞だわ。


文|カテーテルINAGAKI

マニアックスユーザーが入り浸る、エロい出会い実績の多いサイト(実績数順)

エロい出会いの実績だけ重視した、ユーザー体験談の投稿数順のガチンコランキングです。

1位:PCMAX(R18)
エロに特化した出会い実績はダントツNo.1。とりあえずここやっておけば問題なし。
PCMAXの投稿体験談

2位:ハッピーメール(R18)
PCMAXと肩を並べるエロ実績数。会員数はハッピーメールの方が多い。
ハッピーメールの投稿体験談

3位:sanmarusan(R18)
パパ活系女子専門で人気上昇中のサンマルサン。唯一の定額制で費用面で安心感あり。
sanmarusanの投稿体験談
サンマルサン攻略サイト

出会いのコツ

年齢認証は必ず行ってください。登録だけだとお気に入りの相手にメッセージが送れません。100円分のポイント購入だけでも全機能を使えるようになりますが、余裕を持って1.000円分ほどのポイント購入がオススメです。無料ポイントが加算されて出会いの可能性がかなり上がります。

この記事もオススメ!

出会い系掲示板を使い倒してセフレを月に3人見つける方法!「書き込み」の足跡をたどる誘い込みでヤレるテク公開
⇒?セフレや即セックス相手を探すには出会い系が確実にオススメ!その理由とピンポイントな使い方
⇒?アラフォー非モテの僕が出会ったその日に確実に本番に持ち込めるようになった方法
?出会い系サイトで性感マッサージを受けたい女性を募集すると、ほとんどの女性が挿入を懇願する
⇒?素人の私が趣味でやっている女性向け性感エロマッサージで実際にセックスまでしている話
⇒?無料風俗で手コキ体験レポート!ド素人S痴女の気持ち良すぎる48手に悶絶

【番外】あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗体験レポートから個人な性癖まで、エロで下世話なネタを掲載します。採用されると『1P=1円でいつでも換金できるポイント』が付与されます!
どんな記事を書けばいいかはこちらをご覧ください。
ユーザー登録して現金をゲットしよう!

【朗報】チリペッパー小田がアダルトサイト用にSEO記事コンテンツ提供を開始する??!

チリペッパー小田も所属する Cow Creators(カウクリエイターズ)があなたのサイトにもアダルト系記事を提供いたします。
アダルトサイト用SEO記事コンテンツ作成のご案内

コラムコーナーは、エッチな体験談からルポ・自伝・官能小説など、実話もフィクションも入り混じっています。読み物としてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨するものではありません。

PCMAX

このコラムを書いた人

カテーテルINAGAKI

センセーショナルな話題から不動の名作まで、常に感動を追い求める自称ロマンティック・フリーライター。酒の力で多くの性交と失敗を繰り返してきた私にもう失うものはありません。外部ライター

カテーテルINAGAKI

関連するその他の記事