2016年 11月 02日

719

なぜローションは気持ちいいのか?を考察する

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.kofuhitoduma.jp/
 

PEJKIGHX.jpg

ソープでのマットプレイや個人的なセックスでの使用から、ひとりエッチにも使えるローション(近年では「ラブローション」という呼び名が定着しつつあります)ですが、ローションありのプレイとなしのプレイでは、(人にもよりますが)ヤリ感や満足感がかなり異なります。ローションを使うと、なぜ気持ち良いのでしょうか。

成分はいろいろな種類がある

ひとくちにローションといっても、さまざまな成分違いのローションが存在しています。代表的な成分のひとつにポリアクリル酸ナトリウムというものがあり、これは紙おむつや生理用品にも使われている、とのことで、比較的安価なのが特徴です。しかしこの成分は洗い流しにくく、結果肌に吸収されすい、という欠点があり、これを加味したのがグリセリンやカルボキシビニルポリマーですが、こちらは長時間の使用には適さない、といわれています。

すべりが良くなる

これらの成分の良いところを発展的に改善させているのがシリコン系の成分でできたローションで、長時間使用もOK、アナルにも使える、とのことで、欧米ではもっともメジャーな成分のひとつです。他にもビドロ系やポリクオ系などいろいろありますが、ローションの良さは、やはり「すべりが良くなる」ことでしょうか。全身に塗ってすべりが良くなることで、全身が敏感になるという利点も、ローションならではです。

ぬくもり効果で快感倍増

さらに、ローションは人肌程度に温めても使え、さらに冷えた状態よりも気持ちよくなるので、「ぬくもり効果」も期待できます。「すべりとぬくもり」がローションがすかれる理由ではないか、と思われます。物は試し、使ったことのない方は、ソープのマットプレイやヘルスの手コキなどで、使ってみてはいかがでしょうか。


文|つかもとまさし


↓↓↓マニアックスライターがエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。ぜひ体験談を編集部までお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールバナー


琥珀

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味 つかもとまさし

つかもとまさし

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店