2018年 05月 25日

515

史実か都市伝説か?「だるま女」とは何者か

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.niigata-karentuma.com/
 

VXJUPGQK.jpg

風俗ファンなら、誰しもネットや雑誌などで、新しい風俗や、珍しい風俗を探してみることがあるかと思います。時々、風俗を探しているのに、とんでもないうわさ話や都市伝説を見つけてしまって、思わず「寄り道」をしてしまうようなことも、少なくないかと思います。こういった、思わず目を引く都市伝説のひとつに、「だるま女」という不気味なキーワードがあります。「だるま女」とは、何者なのでしょうか。

80年代の都市伝説?

「だるま女」は、1980年代に、都市伝説として全国的に広まったことのあるキーワードで、ざっとストーリーを紹介しますと、「海外旅行にツアーで出かけた若い女性が、行く先の衣料品店の試着室に入ったまま行方知れずになってしまい、数年後に違う国の見世物小屋で、両手両足のないだるまのような姿で、聴衆にさらされているのを発見される」、といったものでした。この「試着室に入ったまま行方不明になる」というシチュエーションは、十数年おきくらいの頻度で、思い出したように広まる都市伝説の典型的なもののひとつなのですが、「だるま女にされる」というのはまた物騒で、なおかつ唯一無比の不気味さを漂わせています。

戦前に実在した「実話」

この「だるま女」伝説のうち、「試着室で消えてしまう」部分の元ネタは、1960年代のフランスで広まった「オルレアンの噂(背景には当時のフランスにおける人種差別もあった、といいます)」だったようなのですが、「だるま女」というキーワードのほうは、どうやら戦前の日本に実在した、中村久子という人物がモデルとなっているようです。この女性は、1897年に岐阜県に生まれ、幼いころに患った手足の凍傷がもとで、手足を失ってしまい、しかし体は健康であったため、手足がないまま成人します。その後上京して、自活するために、見世物小屋で「だるま娘」を名乗り、芸人として働くようになった、とのことです。驚くべきことに、「だるま女」のルーツは、実話だったのです。

今も目撃談が絶えない

元祖「だるま女」の中村久子氏は、1968年に享年72歳で亡くなっているのですが、その魂は現代の日本にも「都市伝説」という形で受け継がれていて、東京都内をはじめ、日本中のあちこちで、今も「だるま女にあった」という話が聞かれます。また、地方の縁日や、東京都内の大きなお祭りで、今も「見世物小屋」が存在している、という話もあります。もしかしたら皆さんも、「だるま女」に遭遇することができるかもしれませんよ。


文|つかもとまさし

マニアックスのユーザーさんが入り浸る本物の出会いサイト

マニアックスからの登録者数の実績順です。

1位 PCMAX(R18)
エロの出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから3442人登録(女性は614人)

2位 華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから273人登録

3位 ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから216人登録

4位 サンマルサン(R18)
パパ活系の定額サイトのため、パートナーが見つかる可能性はかなり高い
マニアックスから131人登録

5位 ミントC!Jメール(R18)
後発のため女性集客に力を入れていてライバルが少ないのが狙い目
マニアックスから45人登録

出会いのコツ

年齢認証は必ず行いましょう。登録だけだと出会いに必要なほとんどの機能が使えません。また初回ポイント購入もおすすめです。無料ポイントが加算されて出会いの可能性が向上します。

この記事もオススメ!

⇒ 出会い系サイトでの即エッチする方法とオススメのサイトBEST3

⇒ 女性専用風俗を体験してみたよー。女性用性感マッサージ店の流れと内容を知っておこう。

⇒ 素人の私が趣味でやっている女性向け性感エロマッサージで実際にセックスまでしている話

⇒ 無料風俗で手コキを体験してみたら…ド素人なのにプロレベルの痴女でした

⇒ セフレや即セックス相手が今日見つかる!オッサンでもできるネットナンパ【すべて体験済】

⇒ アラフォー非モテの僕が出会ったその日にセックスできるようになった方法

あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗体験レポートから個人な性癖まで、エロで下世話なネタを掲載します。特に面白い投稿には謝礼が発生します!
無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、エッチな体験談から官能小説まで、実話もフィクションも入り混じっています。読み物としてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味 つかもとまさし

つかもとまさし

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店