2018年 06月 21日

94

デリヘルとキャバクラと介護の仕事の話

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.kohaku.biz/
 

QXHHYTVW.jpg

一流会社に一流企業、ヤンキー、中卒、風俗、訳あり、いろいろなものが記号化または単純化されていた昔と違って今は、相当に細かいジャンルに立ち位置は細分化され、経済活動における仕事の業種や職種についても、実にさまざまな肩書や呼称の仕事が存在しています。あまりにも細分化しすぎて、一見全然別の仕事のように見えても、本質的には同じ業種といいますか、業態であったりすることも、特段珍しいことでもありません。試しにここでは、デリヘルとキャバクラと介護の仕事について、現代事情を加味したうえで、紹介していきたいと思います。

キャバクラは1980年代発

キャバクラというジャンルは、もともと「キャバレー」と「クラブ」の造語で、2000年頃には完全に定着した呼称なのですが、その前に一時存在していた「キャンパスクラブ」という呼称然りで、キャバクラというキーワードがここまで浸透することは、誰もが想像しえなかったことでしょう。いまやキャバクラは、ドコモやKDDIといった巨大企業の名称と同じくらいに、全国津々浦々、都会にも田舎にも浸透しきっています。翻って「デリヘル」は、こちらもおよそ1980年代あたりに登場した呼称で、古くは「ホテトル」などと呼ばれていた時代もあったのですが、なぜかサービスをおこなう場所、つまり「ホテル」ではなく、サービスをおこなうための形態、お店ではなくてホテルにサービスをデリバリーするという「手段」のほうが、一般的な呼称となりました。ここから察するに、あんまりやってること自体は変わっていないのに、時代時代で浸透する呼称が変わっていることがわかります。

介護の仕事も近年激増

また、「介護」というキーワードも、ここ10年くらいで急激に市民権を得てきた文言ではないか、と思われます。老人介護など、行為としては、いきなり近年出てきたものではなく、ずっと昔から存在していたものではあるものの、「介護職」や「老人介護」というキーワードがこれほど広まったのは、前述の「キャバクラ」ではないけれど、やはり現代ならではの人口比率や価値観の変化、経済状態の変動などが関係している、といっても過言ではないでしょう。これらのキーワードは、一見職種や嗜好が細分化された結果生み出されて浸透してきた言葉のようにも見えますが、おそらく違います。何かの意図がそうさせている、といいますか、その「何か」とは、時代背景そのものである、と思われます。何か伝えたいことがあるとすればそれは、「キャバクラ」も「デリヘル」も「介護」も、サービス業という大きな括りにおいては「紙一重」、ということです。


文|つかもとまさし


↓↓↓マニアックスライターがエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。ぜひ体験談を編集部までお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールバナー

琥珀

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味 つかもとまさし

つかもとまさし

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店