2018年 06月 21日

112

デリヘルとキャバクラと介護の仕事の話

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
https://star-group.co.jp/service/no-hand/osaka_nanba/
 

QXHHYTVW.jpg

一流会社に一流企業、ヤンキー、中卒、風俗、訳あり、いろいろなものが記号化または単純化されていた昔と違って今は、相当に細かいジャンルに立ち位置は細分化され、経済活動における仕事の業種や職種についても、実にさまざまな肩書や呼称の仕事が存在しています。あまりにも細分化しすぎて、一見全然別の仕事のように見えても、本質的には同じ業種といいますか、業態であったりすることも、特段珍しいことでもありません。試しにここでは、デリヘルとキャバクラと介護の仕事について、現代事情を加味したうえで、紹介していきたいと思います。

キャバクラは1980年代発

キャバクラというジャンルは、もともと「キャバレー」と「クラブ」の造語で、2000年頃には完全に定着した呼称なのですが、その前に一時存在していた「キャンパスクラブ」という呼称然りで、キャバクラというキーワードがここまで浸透することは、誰もが想像しえなかったことでしょう。いまやキャバクラは、ドコモやKDDIといった巨大企業の名称と同じくらいに、全国津々浦々、都会にも田舎にも浸透しきっています。翻って「デリヘル」は、こちらもおよそ1980年代あたりに登場した呼称で、古くは「ホテトル」などと呼ばれていた時代もあったのですが、なぜかサービスをおこなう場所、つまり「ホテル」ではなく、サービスをおこなうための形態、お店ではなくてホテルにサービスをデリバリーするという「手段」のほうが、一般的な呼称となりました。ここから察するに、あんまりやってること自体は変わっていないのに、時代時代で浸透する呼称が変わっていることがわかります。

介護の仕事も近年激増

また、「介護」というキーワードも、ここ10年くらいで急激に市民権を得てきた文言ではないか、と思われます。老人介護など、行為としては、いきなり近年出てきたものではなく、ずっと昔から存在していたものではあるものの、「介護職」や「老人介護」というキーワードがこれほど広まったのは、前述の「キャバクラ」ではないけれど、やはり現代ならではの人口比率や価値観の変化、経済状態の変動などが関係している、といっても過言ではないでしょう。これらのキーワードは、一見職種や嗜好が細分化された結果生み出されて浸透してきた言葉のようにも見えますが、おそらく違います。何かの意図がそうさせている、といいますか、その「何か」とは、時代背景そのものである、と思われます。何か伝えたいことがあるとすればそれは、「キャバクラ」も「デリヘル」も「介護」も、サービス業という大きな括りにおいては「紙一重」、ということです。


文|つかもとまさし

マニアックスのユーザーさんが入り浸る本物の出会いサイト

マニアックスからの登録者数の実績順です。

1位 PCMAX(R18)
エロの出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから3442人登録(女性は614人)

2位 華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから273人登録

3位 ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから216人登録

4位 サンマルサン(R18)
パパ活系の定額サイトのため、パートナーが見つかる可能性はかなり高い
マニアックスから131人登録

5位 ミントC!Jメール(R18)
後発のため女性集客に力を入れていてライバルが少ないのが狙い目
マニアックスから45人登録

出会いのコツ

年齢認証は必ず行いましょう。登録だけだと出会いに必要なほとんどの機能が使えません。また初回ポイント購入もおすすめです。無料ポイントが加算されて出会いの可能性が向上します。

この記事もオススメ!

⇒ 出会い系サイトでの即エッチする方法とオススメのサイトBEST3

⇒ 女性専用風俗を体験してみたよー。女性用性感マッサージ店の流れと内容を知っておこう。

⇒ 素人の私が趣味でやっている女性向け性感エロマッサージで実際にセックスまでしている話

⇒ 無料風俗で手コキを体験してみたら…ド素人なのにプロレベルの痴女でした

⇒ セフレや即セックス相手が今日見つかる!オッサンでもできるネットナンパ【すべて体験済】

⇒ アラフォー非モテの僕が出会ったその日にセックスできるようになった方法

あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗体験レポートから個人な性癖まで、エロで下世話なネタを掲載します。特に面白い投稿には謝礼が発生します!
無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、エッチな体験談から官能小説まで、実話もフィクションも入り混じっています。読み物としてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味 つかもとまさし

つかもとまさし

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店