2018年 06月 29日

179

パンツや脚だけでは性欲は満たされない?第三の要素

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://club-allamanda.com/
 

VGHAQKFG.jpg

電車やバスに乗っていたり、エスカレータや階段の下のほうで、上のほうを歩いている女の子のスカートが短くて、もうちょっとでパンツが見えそうになった場合、あなたはどういった行動をとりますでしょうか。大概の方々は、なるべくさりげない所作を持って、パンツや脚がなるべくたくさん見える位置に、自分の立ち位置を修正してしまったりしないでしょうか。この事象、よくよく考えてみると、一見あんまり意味のないことのように思えてしまいます。こういった所作は、いったい何にプラスに働くのでしょうか。はたまた、マイナスになってしまうのでしょうか。

パンツが見えてうれしい理由

中高生に「女子の下着が見えてうれしいか?」というアンケートを敢行したことがあるそうで、結果のデータを見てみると、意外や意外、「見ようとしてみたパンツ以外は萌えない」、という意見が大多数でした。なかには「お尻や脚、ふとももは、どっちかという『汚い』とか『グロい』という印象のほうが強い」という、衝撃的な答えが返ってきました。ど変態やどM、真正パーツフェチのおっさん世代だと、「とにかく下着や脚が見えればラッキー」的な感覚を持つ方も多いものなのですが、10代というか思春期の方々と、20歳以上の方、中高年の方では、感じ方がまったく違うことがうかがえます。世代別に微妙に異なる「ことを致すに至るまでの距離感」や、「ことを致すことに対するハードルの高さ」が、世代間の感じ方の違いとなって顕在化しているようです。

実は顔が大事

ところで、全世代共通して言えることが、(ほぼ)ひとつだけありました。それは、「顔が可愛ければ(より)萌える」ということです。このあたり、特定のパーツにしか興味を示さない、特殊なフェチの性癖の方にも確認する必要はありますが、どうやら普通の人は、パンツや下着よりも前に、「顔が自分の好きな感じの顔(顔のつくりは、ある程度対象となる女性の年代をも凌駕するようです)」であることが重要なことがわかってきました。顔認識の重要性は、医学的にも立証されている(人間は、無意識のうちに、あらゆる物質を見た際に、人間の顔の原型をベースに、対象物質を認識する習性があるようです。カメムシの背中や、デザインの柄などが人の顔に見えてしまうのはそのためです)ようで、あえて詳しくはここでは触れませんが、パンツや脚というパーツが輝くためには、その持ち主の身長や体重(多少は是非に影響します)ではなく、年齢でもなく、顔こそが重要な「第三の要素」なのです。


文|つかもとまさし

マニアックスのユーザーさんが入り浸る本物の出会いサイト

マニアックスからの登録者数の実績順です。

1位 PCMAX(R18)
エロの出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから3442人登録(女性は614人)

2位 華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから273人登録

3位 ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから216人登録

4位 サンマルサン(R18)
パパ活系の定額サイトのため、パートナーが見つかる可能性はかなり高い
マニアックスから131人登録

5位 ミントC!Jメール(R18)
後発のため女性集客に力を入れていてライバルが少ないのが狙い目
マニアックスから45人登録

出会いのコツ

年齢認証は必ず行いましょう。登録だけだと出会いに必要なほとんどの機能が使えません。また初回ポイント購入もおすすめです。無料ポイントが加算されて出会いの可能性が向上します。

この記事もオススメ!

⇒ 出会い系サイトでの即エッチする方法とオススメのサイトBEST3

⇒ 女性専用風俗を体験してみたよー。女性用性感マッサージ店の流れと内容を知っておこう。

⇒ 素人の私が趣味でやっている女性向け性感エロマッサージで実際にセックスまでしている話

⇒ 無料風俗で手コキを体験してみたら…ド素人なのにプロレベルの痴女でした

⇒ セフレや即セックス相手が今日見つかる!オッサンでもできるネットナンパ【すべて体験済】

⇒ アラフォー非モテの僕が出会ったその日にセックスできるようになった方法

あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗体験レポートから個人な性癖まで、エロで下世話なネタを掲載します。特に面白い投稿には謝礼が発生します!
無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、エッチな体験談から官能小説まで、実話もフィクションも入り混じっています。読み物としてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味 つかもとまさし

つかもとまさし

関連するその他の記事