霊感の強いAV女優

人妻風俗ユーザーさんの投稿コラム

霊感の強いAV女優

AVコラム

工藤タツオ(AVカメラマン) 0 1,524 2018/10/01

AVの撮影はあまり予算がない。だから、スタッフが住んでいるアパートの部屋を借りて撮影することもある。

そこを彼氏の部屋に見立てて、恋人に扮したAV女優と男優の絡みを撮影するわけだ。

あるとき、ちょっと目のきついAV女優がやってきたことがある。

駆け出しのAV女優は別として、ベテラン女優ならたいてい名前と顔は知っている。

だけど、その女優は初めて見る顔だった。
年齢は28歳で女優歴7年というから、経歴だけ見るとベテランに入る。

しかもなかなかの美人で品がある。あとで男優が「抱き心地がいい」と言っていたから、男から見ると申し分のない女なんだ。

男優もかなりベテランで、こなした女の数は100人以上と言っていたから、その彼が「抱き心地がいい」というならかなりのものだ。

もちろん、監督も女優の味見をしているからうらやましくなるよ。いくらいい女でも、こっちは指くわえて見てるだけだもんな。

どことなく謎めいた女だったけど、スタッフのひとりが住んでいるアパートの部屋で撮影が始まったんだ。

霊感女優の本領発揮でスタッフ騒然

女優の名前は仮に明日香としておこうか。
明日香さんは、玄関を入ると入口に立ったまま中に入ろうとしない。

僕らは先に来て準備をしていたから、女優が来たらすぐ撮影開始だと思っていたのに、明日香さんは青い顔をして突っ立ったままなんだよ。

「おい明日香、何してるんだ」
監督に言われて、明日香さんはしぶしぶ中に入った。

「ここ、いるよ」
「ほお、そうか」
監督は飲んでいたインスタントコーヒーのカップをテーブルに置いた。

「やっぱりな。そんな気がしたんだ」
僕たちは何のことかわからない。
「あの、何がいるんですか」
この部屋の持ち主が尋ねた。

「幽霊がいるってよ」
「えー! マジっすか」

この業界には、幽霊を信じている奴が多い。この日は監督以外にスタッフが5人いたが、そのうち3人が幽霊肯定派だった。

もちろん僕もその中のひとりなんだけどさ(笑)
オカルト好きの3人は、明日香さんの次の言葉を期待していた。

明日香さんはもう服を脱ぎ始めていて、上半身はブラだけになっていた。
「ほら見て。鳥肌立ってる」

ブラのホックを外すと、ぷるんとオッパイが飛び出してきた。

Fカップはありそうな見事な巨乳だ。仕事柄オッパイは見慣れているが、明日香さんはかなりの美乳だった。

普通ならオッパイに目がいくよな。でもそのときは違っていた。

鳥肌が立っていると言ったのは、彼女の胸全体だった。白くきめ細かい肌に、無数のブツブツが見えていたよ。

しかも、立っているのは鳥肌だけではなかった。明日香さんは乳首までコリコリしていたんだ。

でも、興奮して乳首が立っていたのではない。寒い日に鳥肌が立つと乳首も固くなるでしょ。あれと同じ。

明日香さんのオッパイは、ちょうど寒い日に裸になったみたいになっていたわけだ。

幽霊の居場所


「幽霊はどこにいる?」
監督が聞くと、明日香さんは部屋の奥を指さした。ちょうどテレビの前あたりにいるという。

「テレビを見ながらキスするところから撮ろうと思ってたんだけど」
監督が笑っている。

「だめだめ、絶対無理!」
明日香さんは冗談じゃないという顔で何度も首を振った。

「監督ぅ、本当にここで撮るの?」
「もちろん」
「だって、いるんだよ」
「いまさら場所の変更なんかできないよ」

僕の目の前で、監督と女優がこれまで聞いたことのないやりとりをしていた。

「ほら、こっちに近づいてる!」
明日香さんが指さすほうを、全員が一斉に見た。どのスタッフもこわばった顔をしている。

最初は「バカバカしい」と相手にしなかった否定派のスタッフも、青い顔で幽霊がいるというあたりを見つめた。

僕たちには見えないけど、明日香さんが見ている”幽霊”をみんなリアルに感じていたんだ。

ここまではまだよかった。みんなの顔にもまだ余裕があった。

ところが、撮影が始まるとそれが一気に変わってしまった。

まず、男優のチンポが立たなくなった。幽霊話でビビッて立たなくなったらしい。

しかたがないので、明日香さんがフェラチオして立たせることになった。

ここまでは、AV撮影ではたまにある話だから笑って済まされた。

霊に憑依される

問題はセックスが始まってからだった。
「やだ、そこまで来てる!」
そう言うと、明日香さんがおびえて男優の首にしがみついた。

正常位でセックスが始まってすぐのことだった。
「近づいてるって、どういうこと?」
監督が震える声で聞いた。

「あっ、きた! あっ、ちょっと・・・」
言い終わらないうちに、明日香さんの背中が反り返って白目を剥いてしまった。

そして、そのとき明日香さんの口から洩れた言葉を、そこにいた全員が聞いたんだ。
「ああ、久しぶりよ。ああ、気持ちいい」

明らかに明日香さんとは違う声なんだ。それを聞いてみんなブルったよ。
「おい、塩ないか塩!」

監督の指示で部屋の四隅に盛り塩をすると、それから何も起きなくなった。

撮影は何とか無事に終わったが、監督はその日の夜高熱を出して寝込んだらしい。

もちろん、それが”幽霊”のせいかどうかはわからない。


文|工藤タツオ(AVカメラマン)

マニアックスのユーザーさんが入り浸る本物の出会いサイト

マニアックスからの登録者数の実績順です。

1位 PCMAX(R18)
エロの出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから3442人登録(女性は614人)

2位 華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから273人登録

3位 ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから216人登録

4位 サンマルサン(R18)
パパ活系の定額サイトのため、パートナーが見つかる可能性はかなり高い
マニアックスから131人登録

5位 ミントC!Jメール(R18)
後発のため女性集客に力を入れていてライバルが少ないのが狙い目
マニアックスから45人登録

出会いのコツ

年齢認証は必ず行いましょう。登録だけだと出会いに必要なほとんどの機能が使えません。また初回ポイント購入もおすすめです。無料ポイントが加算されて出会いの可能性が向上します。

この記事もオススメ!

⇒ 出会い系サイトでの即エッチする方法とオススメのサイトBEST3

⇒ 女性専用風俗を体験してみたよー。女性用性感マッサージ店の流れと内容を知っておこう。

⇒ 素人の私が趣味でやっている女性向け性感エロマッサージで実際にセックスまでしている話

⇒ 無料風俗で手コキを体験してみたら…ド素人なのにプロレベルの痴女でした

⇒ セフレや即セックス相手が今日見つかる!オッサンでもできるネットナンパ【すべて体験済】

⇒ アラフォー非モテの僕が出会ったその日にセックスできるようになった方法

あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗体験レポートから個人な性癖まで、エロで下世話なネタを掲載します。特に面白い投稿には謝礼が発生します!
無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、エッチな体験談から官能小説まで、実話もフィクションも入り混じっています。読み物としてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。



article image
【PR】なぜこうなったか知りたい人はクリック↑

マニアックスの読者さんが入り浸る本物のサイト

管理人

先月もぶっちぎりで利用されたサイトはPCMAXでした

たくさんのマニアックス読者さんがPCMAXに登録して、成功体験を投稿していただけました。10年以上アプリ継続利用の猛者も!最近は肉食女子が増えて女性読者からの体験談の投稿も増えてます!ここしばらく激アツサイトはPCMAXで間違いありません。

PCMAX
お得に利用する方法
・法令遵守サイトなので年齢認証は必須です
・登録後2日以内のポイント購入はボーナスがつきます

 ↓
クレジットカードでポイント購入すると、年齢確認も同時に完了するので、登録時にクレジットカードで3000円〜5000円購入するのが手軽で一番オトク!
2024年3月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
殿堂入り
PCMAX(R18)
実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから8415人登録(女性は1172人)
2位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから1608人登録
3位
UP
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから1701人登録
4位
Jメール(R18)
年齢層が低くかわいい子と出会える。
地方に強い。マニアックスから696人登録
5位
ウラデジ(R18)
デジカフェのアダルト版ウラデジはまどろっこしい前置きは無用
マニアックスから124人登録
6位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから952人登録
※当サイトは上記サービスより広告収益を得ています。

無料ユーザー登録で現金がもらえるよ!!

口コミを書く。コメントを書く。それだけで換金できるポイントがもらえる!ユーザー登録するだけでボーナスポイントゲット!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

工藤タツオ(AVカメラマン)

AVカメラマンの経験がある異色のライター。現在はアダルト小説と サブカル記事を書いているが、アダルトネタはAV撮影時代の経験を元にしたものも少なくない。

工藤タツオ(AVカメラマン)のすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい