2017年 07月 28日

88

【出会いツールの美女たち】ローション、Tバック持参の強者!紫吹 淳似の元嬢がスリルを求めてツーショット・コール

中川デイブ

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.tokyofurin.com/
 

IQGCEVRO.jpg

“風俗嬢が見初められて、めでたく客と結婚”という話しは、風俗業界にいれば珍しい事ではありません。
「○○ちゃんが、板前さんと結婚した」とか「□□ちゃんが、子連れで嫁いだ」とかいう話しを耳にした事も多いです。

ただ、そういった安定した幸せを手にしたものの、どうしてもフーゾクにいた頃のスリルに満ちたプレイを忘れられない元嬢も、中にはいるみたいです。

「無いものネダリ」とは、 セックスに関しても言えるようで…

あれは、まだ3年前の夏の事です。その日はオフで、私は「ツーショット・ダイヤル」でアポ取りに励んでいました。

一応、地域ごとに設定があるので私は「埼玉」、好みの年代は「熟女」にセット。そうして繋がった3人目の女性と話しが合ったので、O宮で13時に会う事にしました。

詳しくは言わないのですが、そのS子さん(40歳・専業主婦)はご主人が再婚だそうで、先妻の連れ子は独立、毎日ヒマを持て余しているそうです。
「持て余してるのは、ほかの所もなんじゃないの?」と、少し意地悪っぽく言ってみると
「うふふ、そうかも。だから、こういう電話してるのかもね」と、意味深そうに含み笑いをしていました。

「それならば」という事で意見が一致して、お互いの中間地点で待ち合わせたのです。

素人とは思えない持参品に、 驚くやら期待するやら!

私は暑いので、クルマでO宮駅に向かいました。この頃は、アメ車・カマロは手放していて15年落ちのBMW325が愛車(今もだけど)です。

指定していた東口のデパート裏に付けてみると、S子さんが立っているのが分かりました。
風通しの良さそうなクリーム色のプリーツスカートと同色のフリフリの着いたブラウスが、清楚でセレブ感を漂わせていました。髪はセミロングで黒く、ストレートです。
見た目、元宝塚の紫吹 淳みたい。というよりも、ソックリの部類に入ると言っても、言い過ぎではないレベルです。

「暑いから、このまま乗っちゃってください」と、私が言うと彼女はそそくさと乗り込んで来ました。柑橘系のコロンがほのかに香っています。
「このまま歩いたら、どうにかなっちゃうかと思いましたよぉ。あっ、挨拶もまだでしたね、コンニチハ~」
この段階で、クルマ作戦は成功したと見ていいでしょう。

なんでも彼女は結婚して6年、ず~っとイイ奥様をやってきたんだけど、15歳年上のダンナが構ってくれないので悶々とする事が多くなってきたらしいです。
それで、後腐れなくて、てっとり早く遊べるツーショットに電話したんだとか。

「じゃぁ、このままホテルでOK?」
「いいとも~って、歳がバレるか(爆)」

S子さんは、とにかく肌が白いです。その分、陰毛が目立って尚更いやらしく見えます。
「濃く見えちゃうのよ。脱毛したいんだけど、主人が「程よく生えてる方がスケベでいい」なんて言って譲らないから」

同時に浴びたシャワーですが、彼女が「準備があるから、お先にぃぃ~」と手を振って先に上がりました。
私は「!?」な状態です。取り敢えずチンチンは彼女が洗ってくれたので、自分でアナルを洗ってから後に続きます。

すると、どうした事でしょう。彼女はうす紫のキャミソールを着て、その下のパンティも履き替えてるじゃないですか。それも、真っ赤なTバックです。
その姿で微笑みながら「どう?」とだけ言って、バスタオルで私の体を拭いてくれます。

「どうしたの、その格好?」と聞くと
「私だって、まだまだ“オンナ”だって確認したいのよ。今は、こんな格好を家ではするなって言われてるしね」

彼女はベッドに私を無理やり引っ張って行き、ディープ・キスから竿舐め、タマ舐め、アナル舐めと変幻自在に舌を絡ませてきます。なんだか紫吹 淳に犯されているみたいで、妙に興奮します。
エレクトしたチン棒君が“冷んやり”したと思ったら、「わざと冷たいままで使ってみましたぁ!」と言って、ローションの「ぺぺ」を私にかざして見せます。

私「ひょっとして、Sちゃん、プロ?」
S「“元”よぉ、元。ソープに5年いて、デリに移って3年。その時に店が変わっても、ずっと来てくれた客と結婚して辞めたの」

なんでも結婚したら、とたんに寿司職人のダンナはアッチの方を求めてこなくなったんだとか。外に働きに出る事も禁止されて、本当に心身ともに「持て余して」いたみたいです。
彼女は、「本当は自分も濡れ濡れだから、2回戦はローションは使わなくてイイでしょ?」といって、ザブンと風呂に入り直してぺぺを洗い流してくれました。

「すぐには、無理だよ」と私が言うのも構わずに、彼女は又、全身を舐めはじめて「乳首噛み&前立腺」同時攻撃で見事というか無理に復活させられた私は、騎乗位→測位→正常位で無事にフィニッシュ!1回目よりも多くの樹液を絞り出してくれたのはサスガです。



文|中川デイブ


■「中川デイブ」の掲載媒体一覧
http://www.jukujo-fuzoku-joho.com/columun_list/760
http://www.debusen-fuzoku-joho.com/columun_list/444
http://www.anal-fuzoku-joho.com/columun_list/323
http://www.hitozuma-fuzoku-joho.com/columun_list/558



出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

↑↑↑マニアックスライター陣もそこそこ会えてる「PCMAX(ピーシーマックス)」は累計会員数900万人の大手老舗出会い系。

琥珀

このコラムを書いた人

中川デイブ

手書き時代から様々な記事を書き散らかすのが好きな老ライター。「政治から風俗まで」が守備範囲だが、狭く浅いのが特徴。プライベートでは、デリよりもテレクラや「出会い系」を好む。52歳・現在独身。只今、花嫁熱烈募集中。

中川デイブ

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店