2018年 03月 02日

2366

【人妻】取材帰りに寄ったテレクラで会ったパイパン・潮吹きの極上妻!

中川デイブ

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://okusama-deli.net/
 

JHEESFUT.jpg

男性諸氏においては、“疲れマラ”を経験した事がある人が大半だと思います。その夜の私はまさにソレでした。
それもその筈で、まだ雪が残る3月の丹沢山系(神奈川県)に、ログハウスを造って移住した男性のライフスタイルを取材するというので、カメラマンとして参加した帰りだったのです。目的のログハウス手前からは、雪のためにクルマをあきらめて、自分の足で往復したのですが、それがキツいし辛いし。
シティ派の私には苦行のような仕事でした。そんな疲れきった体でありながら、下半身はギンギンだったのです。

夫が単身赴任の 新婚妻をピック・アップ

同行のライターを川崎(同県)で降ろしてからというもの、私の脳内はオマンコでいっぱいでした。もう、ヤる事しか考えていません。

そんな想いがあったので、私は愛車・BMW325(大古車)の向きを池袋方面に向けたのでした。そこには、池袋では行きつけのテレクラ「Vコール」があります。そこで、アポして1発(2発でもイイ)キメようとしていたのです。時刻は日曜日の21時くらいだったと記憶しています。繁華街の飲食店でさえ、ヒマな曜日・時間に突入していました。

「日曜のこんな時間に、コールはあるかな?」
その心配は半分だけ当たり、最初の30分は1本も電話が回ってきませんでした。これは、選り好みしている場合ではないと察した私は、とにかく鳴った電話に対しては“一撃必殺”の覚悟で臨む事にしたんです。

そんな熱い気持ちを胸に、AV鑑賞をしていると「もしもし~」とコールが繋がったのでした。その真由美ちゃん(仮名・25歳・バイト主婦)は、今日はバイトが休みで夕方から買い物に出てきて、ブラブラしてたらしいです。

「主人は単身赴任で若妻のワタシを残して、名古屋に行っちゃった。だから“おやすみコール”が来るまではフリーだよ」
そのコールは毎日、0時から0時半の間にかかってくるんだとか。
「じゃぁ、それまで遊ぼうよ。今日は山奥から帰ってきて女性に飢えまくってるんだ(笑)」
彼女は、やはり新婚人妻なのに一人でいるのが淋しいんでしょう、
「やだぁ、犯されちゃうのぉ、オマワリさーん!」なんて、軽口を叩いてはしゃいでいる様子でした。「山奥から~」というのは、信じていないようでしたけど…。

パイパンと大量潮吹きに 二度ビックリ!

路上駐車した保健所前で待ち合わせ、私は時間前に着きました。手にはコンビニで買ったビールとチューハイ、ツマミを入れた袋を提げています。
もう、疲れがピークに達していたので、クルマをホテルの駐車場に入れて、一人で泊まっていくつもりだったのです。

私は彼女を乗せてクルマを移動させようとしたら「私にも買ってよ!」と言って、無理矢理1000円札を引ったくりました。私が買い込んだのと同じ公園横のコンビニでモスコーミュールだとかカシスソーダの缶を手に入れて、真由美さんはごマン悦です。

ラブホでは乾杯とキスは同時、そのまま風呂でも二人して飲みながら湯船に浸かりました。
驚いた事に彼女は、キレイさっぱりと陰毛を剃ったパイパンでした。ご主人が“浮気防止”に剃って、そのままクセになったのだそうです。

「本当に山から帰って来たの?」
彼女は、私が当時は珍しかったヒートテックのインナー上下や、本物の羊のセーター(登山はしないが、キャンプや鴨撃ちの取材の時に買っておいた)を見て、どうやら驚いたのと同時に、少しは尊敬の目を向けてきたんです。本当は、丹沢の低い所だったんですけどねw。

彼女はAKB、HKT指原莉乃似の狸顔で、愛嬌がありました。オッパイはBカップと掌サイズでしたが、ピンク色の乳首は発達していて大きかったです。オマンコ恥帯は胸と同じく超敏感で、感じるたびにピクピクと痙攣していました。それに若くて出産経験がないので、マンコの締まりもバツグンです。正常位でピストンしている最中に、
「いやぁ~、恥ずかしいから目をつぶってて。潮吹いちゃうから、チンチン抜いてぇ~」と叫ぶもんだから、私は潮吹きにタイミングを合わせて空中に発射したあと、真由美ちゃんが愛おしくなって、マンコを舌でキレイにしてあげたくらいです。

「そんな事シなくてイイよぉ。疲れてるのに、ゴメンナサイ」
次は彼女が上になって、騎乗位で2発目を発射しました。私は“疲れマラ”からは開放されたのですが、今度は全身均等に疲労が回ってきて、彼女を帰して一人でグッスリ眠りました。

それにしても、パイパンで驚かせてもらった上に、さらに大量の潮吹きでもビックリさせてもらえるなんて、いい晩だったとしか言い様がないです。


文|中川デイブ


■「中川デイブ」の掲載媒体一覧
http://www.kyonyu-fuzoku-joho.com/columun_list/366
http://www.jukujo-fuzoku-joho.com/columun_list/760
http://www.debusen-fuzoku-joho.com/columun_list/444
http://www.anal-fuzoku-joho.com/columun_list/323
http://www.hitozuma-fuzoku-joho.com/columun_list/558


↓↓↓マニアックスライターがエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。ぜひ体験談を編集部までお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールバナー


琥珀

このコラムを書いた人

中川デイブ

手書き時代から様々な記事を書き散らかすのが好きな老ライター。「政治から風俗まで」が守備範囲だが、狭く浅いのが特徴。プライベートでは、デリよりもテレクラや「出会い系」を好む。52歳・現在独身。只今、花嫁熱烈募集中。

中川デイブ

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店